読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎年新規利用者を獲得しなければならない企業事情

クレジットカード業界は、数百万という間に支えられて規模のメリットを享受している業種です。しかしその特性から毎年新規会員を獲得しなければならない宿命にあるのです。

 

クレジットカードは数百万単位の会員がショッピングやキャッシングに

利用することで、手数料や金利収入を得ています。当然会員が多ければ多いほど

利益は上がります。しかし1人が何枚ものクレジットカードを持っていると、疲れていないカードも出てきます。

 

利用者は賢明ですから入会の一言は年会費無料のカードであれば、 1年後には

会員を止めることも考えられるでしょう。

 

ある統計によると、 90年代の米国におけるクレジットカードの新規会員獲得率は

20%前後で、奪回率は15%前後に達しています。

会員獲得が会員税会をわずかに上回るという綱渡りの状態で推移していく傾向に

あるのです。

 

これはわが国のクレジットカードでも同じ現象が続いています。

クレジットとカード各社は毎年脱会者が出るのを織り込んで営業していると言っても過言ではありません。

脱会者数を上回る新規会員を毎年獲得しなければ、規模のメリットを生かすことができないからです。

 

年会費の聴取率は減り、ショッピングや取扱高キャッシングの残高も減少するのです。

そのために「クレジットカード業界は毎年新規利用者を獲得しなければならない宿命にある」という現状に迫られているのです。

 

【クレジットカード型の最先端のテーマ】

この敬語が最も顕著なのが、消費者金融業界なのです。消費者金融で融資を受けた

人の多くは、完済すると再び利用することはありません。

20%の前後の年金には負担が大きく、返済能力が変われば(年収が増えれば)、

より金利の低いローンに向かいます。

 

現在では信販やクレジットカードのキャッシングにいつも消費者金融金利

差がありませんから、信販やクレジットカードのキャッシング利用者の新機関int脱会者は毎年入れ替わるサイクルになっていると思われます。

 

信販会社では分割払いという決算方法がありますが、完済すれば脱会者が必ず出ると言われています。業界大手の三菱UFJニコスにおけるクレジットのカード会員(0 6年3月期)は2,600万人です。このうち新規会員は前年度に比べて260万人増加しました。

 

ショッピングやキャッシングで同社のカードを利用した会員は1,400万人で、稼働率は54%でした。会員でも同社のカードを使わない人が半数近くいるということを表しています。

 

米国の統計でもわかるとおり、クレジットカードは学会会員や非稼働会員を補うために、毎年会員獲得に力を入れざるを得ません。新規顧客の獲得は、企業業績を伸ばすと言う宿命がある限り、永遠にクレジットカード型の最先端のテーマとなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポケットキャッシング 口コミ